レーザー脱毛に向いている部位と向いていない部位

今やすっかり身近になった脱毛ですが、レーザー脱毛を行う場合には知っておくと良いことがあります。それはレーザー脱毛に向いている部位と向いていない部位です。
レーザー脱毛は濃い色に反応する性質を利用して行っているため、色素の薄い毛よりも濃い毛を脱毛するのにより高い効果を発揮するようになっています。そのため、女性にとって特に気になる脇の下の脱毛やVIOラインの脱毛には向いている脱毛方法とされているのです。
一般的にはレーザー脱毛に向いていない部位は無いとされていますが、色素の薄い毛には思ったよりも効果が出ないという場合も考えられます。産毛のような細くて色素の薄い毛の場合は勿論のこと、男性のひげにも不向きだとされています。

失敗しないクリニックの選び方

いくら身近になったとはいえ、レーザー脱毛を受けるにはそれなりの費用と時間がかかってしまいます。そのため、後悔しないためにもどこで行えば良いのか知りたいという人も少なくないでしょう。
レーザー脱毛は脱毛サロンではなくクリニックのような医療機関でしか受けることが出来ません。そのため、通いやすい場所にそういった医療機関があるかどうか調べることが大切です。
最初に受けるカウンセリングがわかりやすいかどうかも重要なポイントです。説明がわかりにくかったり、料金が不明瞭だったりする場合には後でトラブルが発生する恐れもあります。
また、使用している脱毛器にも違いがありますので自分に合った脱毛器があるクリニックを選ぶことも大切です。

医療レーザー脱毛とは、毛根にレーザーをあて毛母細胞を破壊する脱毛施術のこと。細胞を破壊することは医療行為であるため、医療機関でのみ施術を受けることが可能です。照射力が高く永久脱毛効果が期待できます。