睡眠時間が少ないと髪の毛に悪影響が

現代人は、昔よりも睡眠時間が減ってきているようです。睡眠時間が減少すると、成長ホルモンの分泌が減少し、日中に受けた紫外線やホコリなどによる頭皮のダメージを修復できなくなります。ストレスがたまると自律神経が乱れ、血行不良を引き起こし、薄毛や抜け毛の原因になります。睡眠時間が短いと、ストレスが解消しにくくなり、髪の毛に対してよくありません。薄毛に悩む男性と女性が増えており、もし薄毛に悩まされている場合、睡眠不足が原因になっている可能性があるので注意しましょう。

成長ホルモンを分泌させる方法

寝る子は育つという言葉もある通り、睡眠と成長には深い関係が。質の良い睡眠をとれば、成長ホルモンの分泌が促進され、髪の毛の修復や、生成だけでなく、ハリツヤ対策にも効果を発揮します。この成長ホルモンには分泌されやすい時間帯というのがあり、22~2時の間は成長ホルモンが分泌されやすく、ゴールデンタイムとも呼ばれています。1日6~ 7時間の睡眠時間を確保しつつ、ゴールデンタイムにはしっかりと就寝できるよう、準備することが大切です。

質の良い睡眠のためにできること

睡眠はもちろん時間も大切ですが、質の高い睡眠はもっと重要とも言われています。成長ホルモンは深い眠りであるノンレム睡眠中に最も分泌されやすいので、眠りの質が悪いと、髪の毛があまり育たなくなってしまいます。質の高い睡眠をとるための方法としてよく言われているのは、就寝前はパソコン、スマホなどを使用しない、自分に合った寝具を選ぶ、寝る前にぬるま湯に入るなどがあります。また、就寝の2時間前にウォーキングなどの有酸素運動も質の高い睡眠に効果的になります。薄毛に悩んでいる場合は、睡眠時間の確保や、質の良い睡眠を目指しましょう。

育毛対策として生活習慣を見直すことも大切です。油っこい物が多い食生活や寝不足、運動不足は髪に悪影響を及ぼします。ヘアケアに気を遣うと共に、規則正しい生活リズムと栄養バランスの良い食事を心がけましょう。