ボトックス注射の仕組み

美容整形やワキガの治療など様々な用途に使われるのが、ボトックス注射です。
ボトックス注射が色々な施術に使われる理由は、その効果にあります。
ボトックス注射に使われている薬剤は、ボツリヌス菌から抽出された「アセチルコリン」というタンパク質の一種を使っています。このアセチルコリンには神経伝達物質の分泌作用を抑える働きがあり、筋肉や汗腺に注射することによって神経伝達物質の分泌を抑えることによって筋肉を収縮させてシワを伸ばしたり、汗の過剰分泌を抑えるという仕組みになっています。
筋肉が原因になってできるシワや歯ぎしりの改善、ワキガの治療などその効果は多岐に渡ります。安全性が高いというのも、この治療がよく行われる理由です。

ボトックス注射の効果

ボトックス注射は様々な部分に効果があります。
筋肉の収縮を抑えるため筋肉を動かすことでできるシワの改善に特に効果的で、眉間やおでこ、目尻など色々な部分のシワを改善します。
また、エラはりや歯ぎしりにも効果的です。エラの部分に注射することで筋肉を抑制し、奥歯を強く噛めなくなるため歯ぎしりを改善し、筋肉を緩めることで小顔効果が期待できます。
ワキガや多汗症は、汗腺から出る汗が原因です。ボトックス注射を行うことで汗の分泌を抑えることができるため、それに伴ってニオイの改善が期待できます。
脚やせにも良いとされています。特に筋肉によって足が太い人に向いていて、筋肉を抑制して痩せさせることで脚やせする効果が期待できます。

ボトックス注射をエラの筋肉にすることにより、筋肉が萎縮しエラが目立たなくなるので小顔効果を得ることができます。