痛い脱毛方法を選んでしまうと?

今では脱毛は色々な方法や機器があり、それぞれ脱毛時の痛みには違いがあります。脱毛はサロンやクリニックに通い何回も行わなければならないので、痛い脱毛方法を選ぶとかなり長い期間、つらい思いをすることになります。中には痛みによって脱毛に通うのが憂鬱になり、コース中に断念してしまう人もいるので、痛みが苦手な人はできるだけ痛みを感じない脱毛方法を選ぶことが大切になるでしょう。

医療クリニックよりもエステサロン

脱毛をやる時は、大きく分けて2つのお店で施術を受けることができます。1つは医療クリニックで、もう一つはエステサロンです。医療クリニックでの脱毛は医師が監修して脱毛を行うので、非常に強力なレーザーを出力して施術を行えるのが特徴です。医療クリニックはレーザーの出力が高い分脱毛効果が高いですが、痛みも強めになっています。痛いのが嫌ならば、気軽に通いやすいエステサロンでの脱毛がおすすめです。

蓄熱式脱毛は痛くない

蓄熱式脱毛は、新しいタイプの脱毛方法です。従来の脱毛方法は、毛のメラニン色素(黒い色の色素細胞)に光を照射し、反応させて脱毛していきます。しかし、蓄熱式脱毛がターゲットにするのは、毛根よりも皮膚に近いバルジ領域の毛包と呼ばれる部分です。蓄熱式は弱い出力でもターゲットを破壊できるので、痛みがほとんどなく、気持ちよくあたたかさを感じる出力で施術を受けることができます。蓄熱式脱毛は最新の脱毛施術なので取り扱っている医療クリニックや脱毛サロンが少ないですが、痛みがない脱毛に興味がある人は蓄熱式の脱毛を受けられるお店を探してみるといいでしょう。

自分の後ろ姿はなかなか見ることがありませんが、実は周りからは見られています。えりあしの脱毛がキチンとされているうなじはキレイで、それだけで素敵な女性だと好感度が上がります。